「取引先から受け取ったファイルを開こうとしたら、対応するアプリがない! しかし、今すぐ内容をチェックしないとマズい」---ビジネスパーソンなら、こんな経験をした人が少なくないだろう。今回紹介する「Convert.Files」は、こうした緊急時に活躍するファイル変換サービスである。60種類以上のファイルに対応し、シンプルな操作でファイル形式を変換できる。日常的にも活用できるが、転ばぬ先の杖としても、ぜひブックマークしておきたいサービスだ。

[画像のクリックで拡大表示]

60種類以上のファイルに対応したシンプルなファイル変換サービス

 Convert.Filesは、その名前の通り、ファイルを変換する無料のWebサービスだ。変換できるファイルフォーマットは60種類以上にもなる。マイクロソフトのOfficeファイルをPDF形式やOpenOffice形式、HTML形式に変換できるのはもちろん、画像や音声、動画ファイルのフォーマット変換、PhotoshopのPSDファイルやDTPで使用されるEPSファイルの変換も可能だ。

 変換方法はいたってシンプルだ。変換元ファイルと変換先フォーマットを指定して、変換実行のボタンをクリックするだけだ。なお、変換できるファイルサイズの上限は250MBとなっている。

変換元として指定できるファイル。
[画像のクリックで拡大表示]
変換先として指定できるファイル。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら