図●当初予定していた楽天フルフィルメントセンター(RFC)の拡大
(出典:楽天、2013年度第3四半期決算説明資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは右のをご覧いただきたい。これは楽天が2013年11月7日に開催した、2013年度第3四半期の決算説明資料の一部である。同社の物流センターである「楽天フルフィルメントセンター(RFC)」の拡大と題し、2013年10月に千葉県でRFC柏が稼働したことを紹介している。

 さらにこの図には、東北、中京、九州でもRFCを建設中であることが示されている。楽天は2013年まで、既存の千葉・市川(I、II)と2014年春に稼働を予定する市川(III)、さらに2014年2月下旬に稼働したばかりの兵庫・川西に加え、先述の柏と東北、中京、九州の4カ所を追加した物流「5地域・8拠点」体制を高らかに掲げていた。

 在庫を全国に分散配置することで「当日配送」や「翌日配送」といったスピード配送に対応していくことが大きな狙いである。また、世の中の旺盛な物流需要を先行投資で取り込もうともした。

写真1●楽天の新しいRFCである市川(III)が入居する物流施設
[画像のクリックで拡大表示]

 ところがである。そのわずか3カ月後の2014年2月14日、2013年度通期の決算説明会の席で、楽天は10月に稼働したばかりのRFC柏の契約を2014年2月で解除すると発表。首都圏の物流は、市川の3カ所に柏を加えた4拠点で担う計画だったのを撤回し、市川の3カ所に集約することを決めた(写真1)。

 そればかりか、東北と中京、九州でのRFCの建設計画は白紙に戻した模様で、当面は市川(関東)と川西(関西)の東西2カ所に注力するという。センター配置を2013年の計画から大幅に修正するのである。これはいったい、何を意味するのだろうか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら