前々回、家庭用ゲーム機のタイトルから派生したゲームアプリ「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」の急速な伸びについて取り上げたが(第75回 “ドラクエ”人気が示す家庭向けゲームメーカー台頭の影響とは?)、同アプリを巡って返金騒ぎが発生した。トラブルに至った要因とその後の対応、そして問題の背景にある要素を考えてみよう。

ユーザーの投稿動画をきっかけに返金騒動へ発展

写真1●返金騒動が発生した「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」
(C) 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. Developed by Cygames, Inc.
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年1月23日の配信開始以降、アプリマーケット上で大きな注目を集めたのが、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」である(写真1)。このアプリは、タイトル通りコンシューマーゲーム機で人気を博した「ドラゴンクエスト」シリーズの派生タイトルであり、かつ初のスマートフォン向けオリジナル作品である。

 同アプリは配信直後から注目を集め、配信開始直後の1月27日に、200万ダウンロードを突破。短期間で非常に高い人気を博すタイトルとなった。App Storeの売上ランキングでも上位を記録するなど、順調な伸びを見せていた。

 だが1月末から2月頭にかけて、同タイトルに関してネット上で突如騒動が起こった。それは「まほうの地図ふくびき」と呼ばれる、ゲーム内のシステムについてだ。ゲーム内容を知らない人のために説明しておくと、同タイトルでは、ゲーム内での戦闘を有利にする、強力なモンスターを手に入れる方法の1つとして、ソーシャルゲームなどで一般的な“ガチャ”に相当する、ランダムでモンスターが手に入る「まほうの地図ふくびき」というシステムが用意されているのだ。

 まほうの地図ふくびきには複数の種類があるが、非常に強力なモンスターを手に入れたい場合は、有料の「金の地図ふくびき」*1を引く必要がある。金の地図ふくびきはゲーム内の通貨というべき「ジェム」を多く消費する。

*1 現在は名称が変更されている

 今回の騒動のきっかけは、金の地図ふくびきを引いてモンスターを当て続けるという動画が、動画投稿サイト上に公開されたことのようだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら