Wordを立ち上げて白紙のページに向かうとき、誰もが「美しくアピール度の高い文書を作りたい」と思うだろう。皆が手に取りたくなるパンフレット、イベントに参加したくなる案内状、説得力のある企画書、読むのが苦にならないリポートなど、文書の種類は違っても「美文書」を求める気持ちは同じだ。

 そのような文書の美しさはどこからくるのか。Wordで作成するとき、どのような点に注意することが重要なのか。この特集では、3つの作例を通じて、美文書作成の「鉄則」を探っていこう。

【鉄則】「美文書」作成の重要ポイント

バランスの良さを考える

 図1は、観光者向けのパンフレット。ホテルのロビーなどに置く想定で、自転車で巡る京都のお薦めコースを2つ紹介している。3つ折りにして持ち歩けるよう、横置きにした用紙を3等分し、内容をバランス良くレイアウトした。

手に取りやすく読みやすい「パンフレット」
[画像のクリックで拡大表示]

 この「バランス」は、文書の美しさを支える大きなポイントだ。例えば、パンフレットのように文章の長さや図の位置をキッチリそろえると、見やすさは格段にアップする。当たり前のようで、案外見過ごされがちな「そろえる」作業。文章を左右に並べるときは、特に気を配りたい。

 文字の見せ方も大切。縦書きにしたパンフレットのタイトル文字には太めのしっかりしたフォント(書体)を使い、内容がひと目で分かるようにした。タイトルを際立たせるため、あえて副題は付けていない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら