SFドラマが好きな方なら「スタートレック」に登場する未来の機械「レプリケーター」をご存じかもしれない。分子を再構成する機能を持った装置で、欲しいものを告げると、瞬時に作り出してくれる。そんな夢の実現を予期させる新ジャンルの機器「3Dプリンター」が注目を集めている。

 3Dプリンターはヘッドやトレイを動かしながら材料を少しずつ重ねていくことで造形物を出力する(図1)。材料を積み上げるという特徴を利用すれば、建物の壁だけでなく階段を同時に出力するなど、複雑な造形物が簡単に作り出せる。

図1 20万円以下の低価格3Dプリンターで代表的な製品。ヤマダ電機やAmazon.co.jpなど取り扱い店舗も多い
[画像のクリックで拡大表示]
※各製品の数値は●最少積層ピッチ●最大造形サイズを示す

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら