「マネールック」はSBIグループのイー・アドバイザーが運営する資産管理サービスだ。2002年から同じ名前のソフトを提供していたが、それを引き継ぐ形で、2010年10月からWebサービスの提供を始めた。SBI証券に口座を所有していなくても、無料で利用できる。

 銀行や証券などの口座やクレジットカードの利用履歴の一元管理、資産のグラフ表示、日々の現金の支出の管理(家計簿)など、「OCN家計簿」や「マネーフォワード」と同等の機能を備えている(図1)。年金収入や公共料金、保険の支払いの確認にも対応している。

日付と費目で出費を“見える化”、資産の内訳も表示
[画像のクリックで拡大表示]

 1カ月単位で費目ごとに予算を立て、予算と実績を見比べられる機能も、ほかのサービスと同様。マネールックの独自機能としては、「正月の旅行代として10万円」など、個別の目標額と期日を決めた上で、毎月の積立額や達成率を表示する「目標管理」機能がある。

 専用のスマートフォンアプリは、レシート読み取りアプリ「レシレコ」にも対応している。

独自のセキュリティ機能

 マネールックの最大の特徴は、セキュリティの仕組みにある。

 そもそも一般的な家計管理サービスは、登録している銀行口座やクレジットカードのIDやパスワードを、事業者の管理するサーバーに暗号化して保存している。サービス事業者側は、IDやパスワードを使って、口座残高や買い物履歴などを自動的に資産管理サービスに取り込む。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら