「マネーフォワード」は、2012年12月に開始された比較的新しい家計管理サービスだ。銀行、証券口座の一元管理や、資産のグラフ表示、日々の入出金の記録など、家計管理サービスで標準的な機能はいずれも備えている。また、情報の取得は地方銀行や信用金庫、JAバンクなどの金融機関、年金など幅広く対応しているのが特徴。iOSとAndroidに対応した独自のスマートフォンアプリも用意しており、外出先での入力、確認も可能だ。

 マネーフォワードにログインすると、トップページでは最近の銀行口座の入出金履歴や現在の総資産、今月の収支、資産の時系列の推移といった内容を確認できる(図1)。日々の家計簿をチェックするなら「家計」タブ、預金や株式、投資信託の残高を確認するなら「資産」タブを開けばよい。

トップ画面で総資産をざっくり把握、詳細は各タブで確認
[画像のクリックで拡大表示]

 ほかの資産管理サービスと同様、支出の履歴は費目ごとに円グラフで“見える化”することも可能。しかもマネーフォワードは、費目ごとの割合だけでなく、金額も一緒に表示されるため、何にどれくらい使っているかが具体的に分かる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら