2013年1月3日、ルートサーバーの1つ、米メリーランド大学が運用するDルートサーバーのIPアドレスが変更された。実はルートサーバーのIPアドレス変更はこれが初めてではない。インターネットを黎明期から振り返ると、IPアドレスだけでなくホスト名や台数なども含めてルートサーバーは年々変化している。

 ここでは例として、2013年1月に変更されたDルートサーバー(d.root-servers.net)について見てみよう。

なぜIPアドレスを変更したのか

 DルートサーバーのIPアドレス変更の主な狙いは、ルートサーバーのつながるネットワークを独立させ、安定性を高める点にあったようだ。新旧のIPアドレスの情報をインターネット上に公開されているデータベース(WHOIS)で検索した結果は図1の通り。旧IPアドレス「128.8.10.90」が所属する、ネットワーク全体のIPアドレスブロックは「128.8.0.0/16」だ。

図1●ルートサーバーのIPアドレスを変えた理由
上は最近IPアドレスを変更した米メリーランド大学のDルートサーバーのIPアドレスの情報を、WHOISで調べた結果。IPアドレスブロックの範囲やネットワークの名称などを調べると、ルートサーバー専用のIPアドレス/AS番号を用意して、そちらにルートサーバーを移設したことがわかる。大学内のほかのシステムの影響からルートサーバーを切り離し、IP Anycastを導入しやすくする目的があったとみられる。
[画像のクリックで拡大表示]

 このIPアドレスブロックには6万5536ものIPアドレスが含まれ、「UMDNET-1」(University of Maryland NETworkの略と推測できる)と名付けられた、かなり大きなネットワークである。つまり以前のDルートサーバーは、メリーランド大学全体が利用するネットワークに共存していたことになる。ルートサーバーが所属するネットワークのAS番号(図中の「OriginAS」)も大学全体のネットワークのもの(AS27)だった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら