第2回で紹介したIP Anycastでは、パケットの送り先を決める仕組み(経路制御)を応用する。宛先IPアドレスに至る複数の経路がある際に、「ネットワーク的に近いかどうか」など、様々な要素を勘案して最適な経路を選ぶのだ。

 広域ネットワークにおけるIP Anycastでは、経路の選択にBGPを利用する。BGPは大規模なネットワーク同士のやり取りで使うルーティングプロトコルで、ASという単位で経路制御を実施する。プロバイダーなどの大規模ネットワークが、インターネット上で一意のAS番号を割り当てられているのだ。AS間では各種のパラメータを交換し、「受け取ったパケットを、次にどのAS番号のネットワークに送り出したらよいか」をまとめた経路表を作成する。自らが持つ経路情報を隣接ASに伝播する際は、自分のAS番号を追加して伝える(図1上の(1)~(3))。すると宛先のIPアドレスごとに、経由するAS番号のリストができる。同じASに至る接続経路が複数ある場合は、AS番号のリストの長さでどちらが“近い”かを判断できる。IP Anycastは、このAS番号のリストの長さ(ASパス長)などを基にネットワークの“近さ”を判断する(図1上の(4)、(5))。

図1●BGPを使ったIP Anycastの例
広域ネットワークにおいてIP Anycastを実現するには、ルーティングプロトコルのBGPを使うのが一般的だ。ネットワークの“近さ”を判断する際には、BGPによって設定された複数のパラメータを使うが、ここではわかりやすくするため、「ASパス長」というパラメータを例に見てみよう。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら