データセンター(DC)内の仮想マシンを、オンデマンドで提供するIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)構築ソフトウエア。国内企業としていち早く「Wakame-vdc」を開発し、OSS(オープンソースソフトウエア)とした「あくしゅ」の山崎泰宏氏は、目指しているのは「DCの丸ごと仮想化」だと語る。

(聞き手は岡部 一詩=日経コンピュータ

「Wakame-vdc」を開発した経緯を教えてほしい。

(写真:新関 雅士)

 2009年4月にリリースした「Wakame」が始まりです。Wakameは、米アマゾン・ウェブ・サービスの「Amazon EC2」上のサーバー数を調整するオートスケール機能を備えたソフト。必要なサーバー台数を入力すれば、自動で増減させることができます。

 3カ月間びっしりとデモの予定が詰まるくらい問い合わせがあり、その中にデータセンター(DC)事業者も何社かありました。

 ただ、Wakameのオートスケール機能を利用するには前提があります。DC事業者が仮想マシン(VM)の作成や設定をソフトウエアで自動化し、Web API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)経由で指示を受けられる環境にしておく必要があるのです。アマゾンは2006年ごろにこの環境を実装していたのですが、当時、ほとんどのDCは同様の環境になっていませんでした。

 オートスケール機能を実装したい、という相談が5~6社のDC事業者から入るようになり、「ならば我々がDC内のVM作成を自動化する仕組みも作りましょうか」という話になりました。それが2009年10月。2010年4月には、「Wakame-vdc」としてリリースしました。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら