2014年2月5日、日本経済新聞朝刊の1面を「ソニー、パソコン売却へ」との見出しが飾った。同社のPC事業であるVAIOシリーズを、投資ファンドである日本産業パートナーズに売却する方向で検討しているとの報道だ。その4日前となる2月1日には、PC事業についてレノボ・グループとの提携交渉が進んでいるというNHKの報道をソニーが公式に否定するなど、VAIOシリーズの動向について注目が高まっている。

写真1●CES2014の基調講演に登壇したソニーCEOの平井一夫氏。PC事業から撤退するといった兆候は感じられなかった
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年1月に米国で開催されたCES2014で、ソニーはVAIOシリーズの新製品「VAIO Fit 11A」を発表している。筆者が取材した限りでは、PC事業を売却するという兆候は感じられなかった(写真1)。

 はたして今後VAIOシリーズはどうなるのか、ソニーを取り巻くPC市場の動向を中心に振り返ってみよう。

相次ぐ「VAIO売却」の報道

 2月5日の報道を受け、ソニーは「当社の発表によるものではありません」とするニュースリリースを公開した。しかし2月1日のレノボグループとの提携交渉についてコメントしたニュースリリースでは、「報道は事実ではありません」という表現を使っている。

 いずれのニュースリリースも、一見すると報道を否定する形をとっているものの、両者のトーンは大きく異なっている。日本産業パートナーズへの売却について、「当社の発表によるものではない」という表現は、報道の内容自体を直接的に否定するものではないからだ。

 ソニーの業績については、2014年1月27日に大手証券格付会社のムーディーズが同社の格付けを「Baa3」から投資適格を下回る「Ba1」(投機的格付け)に引き下げるなど、先行きに不安が広がっている。今後は2月6日にソニーが2013年度第3四半期の決算発表を予定しており、ニュースリリースで「さまざまな選択肢を検討している」としたPC事業について、何らかの発表を行う可能性もある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら