高松空港から車で40分。フリーランスのITエンジニアである岡内勇(44歳)の仕事場周辺には、田畑や雑木林が広がっている。「唯一不便なのは、いまだに光ファイバーが届いていないこと。仕事には影響ないですけど」。岡内は笑顔でこう話す(写真1)。

写真1●故郷の香川県を活動拠点とする岡内氏
岡内 勇(おかうち いさむ) アイオーシステムズ
穴吹情報ビジネス専門学校卒。ジャストシステムなど、10以上のソフトウエアハウスなどで約18年間エンジニアを務めた後、2008年に独立。Web系システム開発を得意とする。1968年生まれの44歳。

 岡内は約18年のサラリーマン生活を経て独立し、活動拠点を実家に移した。とはいえ、一人でアプリケーション開発と営業を兼ねることは容易ではない。地方では顧客を開拓することも難しい。それでも岡内は現在、1カ月当たり3件前後のアプリケーション開発案件を手掛けている。

 コンスタントに仕事が舞い込んでくる最大の理由が、「クラウドソーシング」と呼ぶマッチングサービスの活用だ。2013年1月には、eラーニング用のアプリケーションの開発を、新潟県に本社を構える中堅教育サービス事業者から受注した。

 現在の岡内の労働時間は、1週間当たり約60時間。それ以外は、スキルアップなどに充てる。「サラリーマンの頃より収入は多少減ったが、生活には困っていない。自分の得意とする技術、伸ばしたい技術を生かせる仕事は、やりがいもある」と岡内は語る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら