画像診断のeラーニング――。このようなサービスを今、NPO法人のメディカル指南車が展開している。自宅や教室、職場など、インターネット環境とパソコンがあれば、いつでも画像診断の学習ができるシステムである。同システムの開発背景や特徴などを探ってみた。

「紙の限界」を打破

メディカル
eラーニングの画面例

 2012年5月に実証実験を始め、同年11月に運用を開始した「読影指南L」が、その画像診断のeラーニング・システムだ。利用料は月額にすると500円(半年ライセンス3000円、年間ライセンス6000円)。システム構築にはコニカミノルタもかかわっているという。このシステムはどのような背景から開発されたものなのだろうか。

メディカル
画像診断の教科書の例

 「放射線科専門医(読影医)はこれまで、症例が掲載されていた本を使って画像診断の勉強をしていた。しかし、紙には紙の限界がある」。メディカル指南車の理事を務める大阪大学医学部附属病院 医療情報部 部長 教授の松村泰志氏は、このように語る。

 紙の教科書は、読み込むのに労力が掛かり、画像の質が悪いことも多いという。一方、デジタル画像はズームや移動も容易であり、すみずみまで画像を確認できる。しかも、簡単に新たな症例の画像を追加することもできる。何より、今の臨床現場では症例のデジタル画像をモニターで見るのが当たり前になっている。このため、eラーニングによるデジタル画像での学習は、紙に比べてより臨床に近い環境で学習できるというわけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら