今回は、お客様と企業のやり取りが何回かにわたって続くケースを考察していきます。やり取りの回数が多いため、ページ数が多くなりますが、早速、事例を読み進めていきましょう。

 このケースでは最終的に応対クレームになってしまいます。その理由を想像しながら読んでいってください。ちなみに企業からの返信は全て、1人の担当者が書いています。

【お客様からのメール1】

返品したら、費用はかかりますか?
教えてください。

 1報目は、通信販売で購入した商品の返品についての短い問い合わせでした。

【企業からの返信メール1】

いつも【ネットショップ名】をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

いただきましたお問い合わせについてですが、「キャンセル料金」は発生いたしません。

商品のご返送時の配送料につきまして、お客様へご負担いただきますが、商品到着後、ご返金対応をさせていただきます。

商品をお受取になったのち、改めてお問い合わせくださいませ。手順等のご返答をさせていただきます。

お手数をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら