遠赤青汁は本社を愛媛県東温市に置く、青汁(あおじる)を中心とした健康食品を製造販売する企業である。青汁の素材となる緑黄色野菜「ケール」を自社有機JAS認定農場で栽培し、自社工場で加工して販売。農業・工業・商業の3産業にわたる事業を一貫して手掛けることで顧客の安心・安全に対する要望に応えている。2000年より、愛媛県内の耕作放棄地を借り受けて有機農場として再生利用する「地域再生事業」を展開中で、地元の農業復興にも力を注ぐ。

 高岡照海社長(写真1、2)率いる同社が、自社工場で製造した商品は、全国百貨店における店舗販売、電話やインターネットによる通販、OEM(相手先ブランド製造)供給などを通じて提供されている。近年では青汁のほか、黒にんにく、石けん製造へ事業を広げ、台湾やシンガポールといった海外にも販路を拡大する。香港では四国物産展を主催して5年目を迎えた。

 同社はこうした事業展開に伴って各種情報システムを活用し、IT経営を実践してきた。経済産業省の「平成18年度IT経営百選最優秀賞」を受賞したほか、2007年から2013年までは中小企業IT経営力大賞の「IT経営実践認定企業」に選出。さらに2010年には中小企業IT経営力大賞の「全国商工会連合会会長賞」および「中小企業庁長官賞」を受賞している。

写真1●遠赤青汁の高岡照海社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●自社有機JAS認定農場に立つ高岡社長
[画像のクリックで拡大表示]

どんなシステムもそれを使う人の意識が大事

 遠赤青汁がIT経営を実践する方針は明確だ。企業内ITコーディネータ(ITC)であり、遠赤青汁のCIO(最高情報責任者)である渡部一恵氏は「ITは人のつながりです」と語る。どんなに考えられたシステムを導入しても、それを使う人の意識が大事で、まず「人」を育て、その上で適切なIT投資を行うべきだという。渡部氏が自社のIT化に取り組む過程で、見えてきたものがこの「ITは人のつながり」という信念である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら