ネットワーク機器には、ネットワークカード(NIC)に一意に割り当てられている物理アドレスがあります。これをMACアドレスといいます。MACアドレスは、「怪しいネットワーク機器のせいでネットワークに接続できなくなった」などのトラブルに見舞われたとき、その怪しい機器を特定するのに役立ちます。

MACアドレスの前半部分からベンダーを特定できる

 MACアドレスは48ビットのビット列で構成されています。48ビットを8ビットごとにハイフン(「-」)やコロン(「:」)で区切り、16進数で表記します。例えば「00-50-56-e5-77-60」のようになります。

 このMACアドレスの前半24ビット(先頭6文字)をOUI(Organizationally Unique Identifier)と呼びます。LAN技術の標準化などを行っているIEEE(米国電気電子技術者協会)がOUIを管理し、ネットワーク機器ベンダーに割り当てています。そして、そのベンダーが後半の24ビットを機器ごとに割り当てていくことで、MACアドレスの一意性が確保されています。

 つまり、MACアドレスが分かれば、OUIからネットワークカードのベンダーを調べられるのです。

IEEEのWebサイトでOUIからベンダーを検索

 OUIを管理しているIEEEは、OUIでベンダーを検索できるWebサイトを公開しています。

 例えば、MACアドレス「00-50-56-e5-77-60」の先頭6文字(005056)を「Search for:」の欄に入力して、「Search!」ボタンをクリックしてみてください(写真1)。

写真1●OUIでベンダーを検索できるWebサイト
「Search the public OUI listing...」の入力項目である「Search for:」に、MACアドレスの先頭6文字(ハイフンやコロンを除いた16進数)を入力し、「Search!」ボタンをクリックすると、製造ベンダー名が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 このMACアドレスのネットワークカードはVMware(米ヴイエムウェア)製であることがわかります(写真2)。

写真2●「00-50-56-e5-77-60」のOUIの検索結果
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら