IT業界と同じくマーケティング業界でも、毎年のようにバズワードが生まれます。多くは翌年には使われなくなりますが、中には定着していく“ホンモノ”も存在します。ここ数年、マーケティング担当者(広報担当者)の中で注目すべきキーワードとなっているのが“戦略PR”(PRはパブリックリレーションズ)です。

 前回までに紹介した「インタレストグラフ」と「コンテクスト」を踏まえて、今回はソーシャルメディアを活用するための具体的な方策の一つとして「パブリックリレーションズ」について解説していきます。

変人と先駆者・リーダーの違いはフォロワー

 新商品の発表をする際、多くの企業では報道発表用のリリースは広報担当者に渡し、広告原稿はマーケティング担当者と調整するのではないでしょうか。メディア(主にマスコミ)に“掲載してもらうための記者対応”は広報部門、“広告費を使ってメディアを利用する”プロモーションはマーケティング部門という切り分けをしている企業が一般的です。広報とマーケティングは“まったく別の仕事”という考え方は、企業規模が大きくなるほど強くなってきます。

 これまではその認識は間違っていませんでした。間違っていたのかもしれませんが、課題にはなりませんでした。なぜならソーシャルメディアの普及前に「商品は広告で売れる」というマーケティングが成立したからです。

写真1●デレク・シヴァーズ氏が2010年にプレゼンテーションした「社会運動はどうやって起こすか」という3分間の映像
(URLはhttp://www.ted.com/talks/lang/ja/derek_sivers_how_to_start_a_movement.html)
[画像のクリックで拡大表示]

 その理屈を説明するために、「TED Talks」で音楽家でありプログラマーであり起業家でもあるデレク・シヴァーズ氏が2010年にプレゼンテーションした「社会運動はどうやって起こすか」という3分間の映像を参照してください(写真1、TEDは日本ではNHKで「スーパープレゼンテーション」という番組で放送されている)。

 シヴァーズ氏が紹介するビデオの中では、公園で突然一人の男性が裸踊りを始めます。やがて一人が一緒に踊り始め、さらにまた一人、また一人と踊り出します。最初に一緒に踊り始めた男性に追随者(フォロワー)がいなければ、男性はただの「変人」でした。しかし、たくさんのフォロワーを得ることで彼は踊りの「先駆者」であり「リーダー」となりました。社会運動(ムーブメント)を生み出すとき、重要なのは最初の一人に追随する二人目のフォロワーを大切にすることだとシヴァーズ氏は解説しました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら