ヤマトホールディングスが2013年10月、羽田空港の隣で巨大物流拠点を稼働させた。目的は企業物流の機能強化だ。ITを活用して部品在庫を適時適切に配送するなど、新たな物流需要を生み出そうとしている。

 投資額はおよそ1400億円、広さは東京ドームの約4個分。東京都大田区の羽田空港に隣接する一角で2013年10月、国内最大級の物流拠点が稼働した。ヤマトホールディングスの「羽田クロノゲート(CG)」だ(図8)。ヤマトはここに、最新設備を惜しみなく導入。ITを駆使して運用することで、物流効率を大幅に高める。

図8●ヤマトホールディングスが2013年10月に稼働させた物流拠点「羽田クロノゲート」の外観と設備
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら