2014年1月7~10日、米ラスベガスで開催された世界最大のコンシューマー向け家電見本市「2014 International CES」(CES2014)では、スマートウォッチなどのウエアラブルデバイスが大きな注目を集めた。

 特集第2回となる今回は、CES2014で注目を集めたウエアラブル関連の展示を振り返ることで、今後の急拡大が見込まれるウエアラブル市場を展望したい。

ソニーが発表した「Core」の可能性とは

 CES2014では様々なウエアラブルデバイスが発売されたが、その中でも注目度が高かったのがソニーモバイルコミュニケーションズによる「Core」と、それを利用した「スマートウエア」というコンセプトだった(写真1)。

写真1●ソニーの「Core」(写真右)と、Coreを装着できるリストバンド
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Core本体。充電用のmicroUSBポートを備える
[画像のクリックで拡大表示]

 Coreの本体は、手指の爪先ほどのサイズ(写真2)。ここには液晶ディスプレイこそ搭載しないものの、NFCやBluetooth、加速度センサーを内蔵する。これを常時身に付けることで、歩数や移動距離、睡眠時間といったデータを収集する。さらにスマートフォンで再生した音楽や電話の発着信、カメラで撮影した写真など、様々なアクティビティも同時に記録し、クラウド上に蓄積する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら