ネットワークがつながらなくなったとき、みなさんはまず何を確認しますか?

 自分のパソコンのIPアドレスやデフォルトゲートウエイ、サブネットマスクの設定、LANケーブルが接続されているかどうか、接続先のサーバーのIPアドレスに誤りがないか──などを確認するのではないでしょうか。

 これらに加え、ぜひ「arpキャッシュ」も確認してみてください。arpキャッシュはWindowsが保持・管理している、IPアドレスとMACアドレスの対応表です。前回(管理者権限を付けるなら3つのキーを同時押し)も少し出てきましたね。ユーザーがarpキャッシュを設定することはほとんどないので、普段はあまり意識されていないと思います。

 arpキャッシュには、一度通信した相手のIPアドレスとMACアドレスがセットで格納されます。2回目以降の通信では、パソコンはまずarpキャッシュを参照し、IPアドレスがあるかどうかを確認します。一致するIPアドレスがあれば、それに対応するMACアドレスを宛先に指定して通信します。

 arpキャッシュの情報は一定時間経つと自動的に消去され、常に最新のIPアドレスとMACアドレスの対応表を保持するようになっています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら