ホンダオート三重(屋号「ホンダカーズ三重中」)は「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ」とうたわれた三重県津市に本社があり、三重県の中勢地区を主要地盤に14事業所を展開するホンダ系列の自動車ディーラーである。現社長の林口朋一氏が1977年に創業し、自動車の国内販売台数が低迷する中、従業員120名を擁するまでに成長してきた(写真1、2)。

 同社は「IT経営」を他社にマネのできない「独自能力」の一つとして位置づけ、地道にデータの蓄積と活用を推進。経営理念である「顧客中心主義経営」を目指して日々努力を積み重ね、リーマンショック・東日本大震災・タイの洪水などの影響も克服し、売上総利益が会社創業以来右上がりの状況を継続させている。

 その結果、経済産業省主催「IT経営力大賞」では、2008年から6年連続で「IT経営実践企業」の認定を受けているほか、2009年には中部経済産業局主催の「中部IT経営力大賞」で優秀賞を、2012年にはCRM協議会が選定する「CRMベストプラクティス賞」を受賞した。

写真1●ホンダオート三重 社長の林口朋一氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ホンダオート三重の店舗
[画像のクリックで拡大表示]

厳しい経営環境に対応して新車依存ビジネスから脱却

 ホンダオート三重が進めているのは、新車依存ビジネスからの脱却である。国内新車登録台数の低迷状態、消費者ニーズの多様化、市場競争の激化、利幅の縮小、メーカーの販売戦略変更による影響など、自動車ディーラーを取り巻く経営環境は厳しい。

 そのような状況で同社は「基盤収益総経費カバー率」(新車を除く各業務別の売上総利益が総経費をどの程度カバーしているかを%で表したもの)を毎月グラフ化していた。そのため、1990年ごろに、約40%あった新車販売のカバー率が急激にダウンし始めたことに気付き、「バリューチェーンビジネス」の必要性をいち早く感じ取ったという。

 自動車販売業界におけるバリューチェーンとは、新車販売とそれ以外の収益(サービス、中古車、保険など)を組み合わせた事業構造である。バリューチェーンビジネスの一環として、修理業務の中の板金・塗装業務の内製化を進めるとともに、同業務を本店に集約するため「板金・塗装集中管理システム」を導入した。これにより、同社の修理部門の売上総利益は飛躍的に向上した。同時に中古車販売や保険業務などの手数料収入充実を図った結果、新車販売動向に左右されない、安定した経営基盤ができてきた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら