日経情報ストラテジー編集部にとって、2013年は「データサイエンティスト」の取材に明け暮れた年だった。

 米グーグルのチーフ・エコノミストが「21世紀の最もセクシーな職業」としたとされるこの職業。ビッグデータに社会の関心が高まるなか、IT企業やネット企業はもちろん、一般の事業会社もデータ分析官の採用や育成に取り組み始めている。

 ジャガイモ栽培にデータを生かす取り組みがあると聞いて北海道に飛び、厨房運営をシミュレーションする外食チェーンがあると聞けば大阪に走る。全国通津浦々、分析官を探し回った1年だった。

「一過性の仕事ですよ」

 そんななか、「データサイエンティストは一過性の職業。数年すればいなくなりますよ」という衝撃的な言葉を聞いた。発言の主は西内啓氏。著書『統計学が最強の学問である』で統計ブームを巻き起こしたご当人は、「僕自身は絶対にデータサイエンティストを名乗らない」と語気を強める。

 データサイエンティストがいなくなる?? これから誰を取材すればいいの??? という筆者の動揺をよそに、西内氏は話を続けた。「今後はビジネスの世界にいる人の多くがデータ分析の基本的なリテラシーを身に付けるようになる。ツールが進化して、基本的なSQL文が書ければ、誰でも一通りの分析ができる」。

 “社員全員が分析官”という時代がくるのだという。「基本的なSQL文」が書けない身としては肩身が狭いが、ツールの進化が分析のすそ野を広げるという話は興味深い。日を置かずして、それを体現した事例に巡り合った。食材宅配大手のらでぃっしゅぼーや(東京・新宿)だ。

 同社ではクリックテック・ジャパンのBI(ビジネス・インテリジェンス)ツール「QlikView」を、商品企画や仕入れ担当の約70人の社員が駆使。億単位の購買データを顧客の年齢や嗜好で細分化し、「どの層がどんな商品を買って“いない”か」を分析している。そこから隠れたニーズを洗い出し、ヒット商品開発につなげた例も出てきているという。

 「何度もBIツールの導入にトライしてきたが、価格や使いにくさで実現しなかった。軽くて直感的に使えるツールが出てきたことで、分析人材が増えた」と経営企画部の木船信義マーケティング課長は話す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら