ここからは、大きく「スマートデバイス」「PC(パソコン)/マルチデバイス」「電話」「ネットワークインフラ」の4テーマに分け、BYODを実現する最新ソリューションを紹介していく。個別のテーマを見ていく前に、まず全体の指針を決めるためのポイントを整理しよう。一つは「画面サイズに応じたデバイスの用途」、もう一つは「端末での業務データの取り扱い」である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら