インターネットの普及拡大を受け、同環境を活用したアプリケーションが多数出現したことにより、コミュニケーションのスタイルが大きく変化した。例えばTwitterは、人々の頭の中に浮かんだものの他の誰かと共有されてはこなかった「つぶやき」を可視化し、さらにそれが世界に向けて発信・共有されると共に、記録される仕組みを実現した。

 Facebookに買収されたInstagramは、日常の何気ない風景を写真に収めて公開する仕組みを作り上げ、気軽に多くの人々と画像情報を共有できるようにした。この背景にはLTEなどの高速無線通信の実現と、スマートフォンやタブレットの普及も影響しているだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら