最近は、どこの企業に行っても、ヒューマンエラーの話をよく耳にします。私も一緒になって、なぜなぜ分析をしたりするのですが、ヒューマンエラーを分析するのは、なかなか骨が折れるもの。

 どうしてかというと、分析対象が機械などの場合は文を書くにしても、決まりきった言い回しを用いればよいのですが、人の行動や考え方を表現するのは非常に難しいからです。

 対象が人の場合は、表現の仕方で、分析の良しあしが決まってしまいます。そこで今回は、ヒューマンエラーを分析する際のコツについて紹介しましょう。

 ヒューマンエラーによくありがちなのは「判断の間違い」です。例えば、機械を動かしていたAさんが、Bボタンを押したところ、機械Bの動いた先にいたCさんに危害を加えてしまった、なんてことがあったとします。

 皆さんはこんな場合、以下のようになぜなぜ分析していませんか。

 このように分析していくと「なぜ3」に出てくるのは、「作業指示があった」「生産を開始しようと思った」といった、原因追究にならない「なぜ」になってしまいます。

 余程なぜなぜ分析に手なれた人でない限り、この後の「なぜ」を適切に導くことができません。

 そこで、このような「判断の間違い」を表す場合には、「~にもかかわらず、~してしまった」という表現を使えばよいのです。

 では、上記のなぜなぜ分析を修正してみましょう。

 いかがでしょうか。このようにすることで、この後に適切な「なぜ」が導けます。例えば「なぜ2」の次の「なぜ3」には、「Bの先にCさんがいるとは思わなかった」とか、「Bの先を見ていなかった」などが出てくるのではないでしょうか。

 決して「生産をする」といった、変な「なぜ」を出す人はいないでしょう(でも、なかにはひねくれた人もいますが・・・・)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら