「なぜなぜ分析」は、しっかりとした理屈のもとに原因追究、および、再発防止策を導くものです。従って、その分析で使われる表現は、原因追究や再発防止に結び付くものでなければなりません。

 人は誰しも言い訳をしたがるものですが、その言い訳を許してしまうと、次に続かなくなってしまう例を今回は紹介します。

<間違った「なぜなぜ分析」>

 上記のように「めったにない作業だった」というのを「なぜ」で出してしまうと、この後の原因追究や再発防止策が出てこなくなります。

 また、このような言い訳の「なぜ」を出してしまうと、さらにその言い訳を正当化する「なぜ」が出てきてしまうことが少なくありません。

 それでは一体、どのように修正すればよいのでしょうか。

<修正案-その 1->

 そもそも「作業内容が明確でなかった」というのは、非常に曖昧な表現とも言えることから、その部分から修正してしまうやり方もよいでしょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら