Googleは、10月17日、四半期決算を発表した。ネット広告事業が好調で、売上高が過去最高を記録。この発表を受け、翌日の株価終値は、前日より$122.61値上がりし、$1,011.41となり、初めて1000ドルの大台に乗った(下のグラフ) 。消費者がモバイルに移り広告単価が安くなる中、売り上げを伸ばしたことが評価されたためである。それに加え、GoogleのMoonshot (月着陸) プロジェクトが、投資家から一定の信任を得たとも解釈できる。

Googleは革新的な技術開発に向かう

 Google最高経営責任者Larry Pageは、革新的な研究開発を、しばしばMoonshotsという言葉で表現する。Moonshotとは月着陸ロケット打ち上げという意味で、1961年、Kennedy大統領の演説で使われ、人類の壮大なチャレンジを意味している。Googleは次世代技術を研究する組織Google Xを運営しており、MoonshotsとはGoogle Xを含む、高度な研究開発プロジェクトを指している。

 Pageは、四半期決算発表のなかで、Googleが目指している方向について次の通り表明した。「段階的な改善では、技術が陳腐化してしまうことは歴史が示している」とし、「自分の職務は社員に飛躍的な技術革新を求めることにある」と述べた。その事例としてAndroidを挙げ、「投機的と言われたプロジェクトに投資を始め」、Googleが検索企業から多角的に進化していることを説明した。更に、Moonshotの事例として、「自動運転車がそれにあたる」とし、Googleは革新的な技術開発に資金や頭脳を投入してしていくことを、改めて表明した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら