小売店舗がデジタル化を進め、監視カメラから顧客の性別や年齢を読み取り、WiFiアクセスポイントからスマートフォンの個人情報を抜き取る。デジタル世代に生活している我々は、いかに個人情報を守るべきか。このレポートでは、プライバシー保護のためのユニークな技術を、それらが内包しているメッセージと共に考察する。

顔認識を無効にするメイクアップ

 ahprojects.comはBrooklyn (ニューヨーク州) に拠点を置く企業で、ビジネスや技術課題に、ユニークな視点から取り組み、組織代表のAdam Harveyは、プライバシー保護のアイディアを提案している。街中や店舗内には監視カメラが設置され、消費者の顔認識 (Face Detection) が行われている。Face Detectionとは、監視カメラで捉えた映像をソフトウエアで解析し、イメージに顔が存在するか判定する技法である。CV Dazzleというプロジェクトでは、メイクアップやヘアースタイルで、Face Detectionを回避する研究が行われた。メイクアップやヘアースタイルで、Face Detectionのロジックを無効にできるのかが試された。上の写真 (出典はいずれもahprojects.com) がその結果で、上段の女性のメイクは、Face Detectionで顔として認識されなかった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら