スマートフォンを使った臨床検査がアメリカの医療機関で始まっている。スマートフォンに医療センサーを装着し、心電図、血糖値、血圧を測定する方式で、フィールド・トライアルが行われている。従来は、消費者向け検査ツールとして提供されてきたが、医療機関はスマートフォンを媒体とする検査方式に熱い視線を注いでいる。

出典: AliveCor, Inc.

スマートフォンで心電図を測定

 AliveCorはSan Francisco (カリフォルニア州) に拠点を置くベンチャー企業で、スマートフォンを利用して心電図を測定する装置を開発している。これはAliveCor Heart Monitorという製品 (上の写真) で、スマートフォンに装着するジャケットとして提供される。下段の写真はスマートフォン背面で、ジャケットには電極 (楕円形の部分) が二枚あり、被験者はここに指をあて、心電図を計測する。スマートフォンには専用アプリAliveECGをダウンロードしておく。30 秒程度のデータが計測され、結果はスマートフォンのディスプレイに表示される (上段の写真)。Heart Monitorは、両手の指を電極にあてるだけで、簡単に検査できるのが特徴である。現在、Heart MonitorがサポートしているスマートフォンはiPhone 5、4S、および4である。Heart Monitorで測定したデータは、ワイアレスでスマートフォンに転送される。検査前に、Heart MonitorとiPhoneのペアリング操作は不要である。AliveCorは通信仕様の詳細情報は公表していないが、測定したデータは音声シグナルに変換され、マイク経由でiPhoneに入力される模様。このため、接続のためのハードウエア機構は不要で、かつ、セキュアにデータを転送できる。

出典:AliveCor, Inc.

専用アプリで検査結果を閲覧・コメント記入

 前述の通り、利用者は事前にスマートフォンに専用アプリAliveECG (上のスクリーンショット) をインストールしておく。測定した心電図はAliveECGに表示され、利用者は氏名、性別、体重、年齢など、付帯情報 (スクリーンショット左側) を入力することができる。また、測定時の症状などについて、ボタンにタッチして入力 (同右側) する。測定データはクラウド(AliveCor ECG Server) に自動でアップロードされ、利用者は測定データにパソコンなどからアクセスすることができる。クラウドはHIPAA (医療関連データの機密保持を義務づける法令) に準拠しており、データは暗号化され、安全に保存される。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら