アキバの中古ショップでは、iPhoneの中古品の買い取りを強化している。キャリアの下取りへの対抗を明確に打ち出すショップもある
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルの「iPhone 5s/5c」の販売が始まり、不要になった古いiPhoneを手放す人が増えている。手元に置いておいても一銭にもならないが、下取りや中古の買取に出せば、現金やポイントに交換できるのはご承知の通りだ。

 iPhoneを販売する3キャリアは、いずれも下取りキャンペーンを展開している。実質的な負担額を減らして買い替えニーズを高めるとともに、ユーザーの囲い込みを狙っているからだ。一方、中古ショップも買い取り価格を高めに設定するなど、動きが活発になっている。こうなると、「古いiPhoneをキャリアに下取りに出すのと、中古ショップに買い取りに出すのは、どちらがトクなのだろうか?」が気になる。iPhoneの買い取り事情をアキバで取材した。

キャリアの下取りは金額が渋く、すぐ現金化できないデメリットも

 アキバで中古携帯電話の販売や買い取りを手がけるじゃんぱら 秋葉原本店の宮島和弘氏は、「新型iPhoneの発売を受けて買い取り件数が大幅に増えている」と語る。特に多いのが、2011年10月の発売から間もなく2年を迎えるiPhone 4Sだという。装備や性能面、バッテリーの持ちで不満が出てくるだけでなく、「月月割」などの割引が2年間で終了することもあり、新しいiPhoneへ乗り換えるために手放す人が増えているのだ。

2年前に登場した「iPhone 4S」。中古販売ではいまだ人気が高いことから、ショップも中古品の買い取りに積極的な姿勢を見せる
[画像のクリックで拡大表示]

 同店でのiPhone 4S 16GB(MD235J/A)の買い取り金額は1万8000円だ(ソフトバンクモバイル版)。キズや欠品などにより減額される可能性はあるが、美品で付属品が完備していればこの金額が適用されるという。

 キャリアの下取りキャンペーンを見ると、NTTドコモはわずか6000円にしかならないのに驚く。ソフトバンクモバイルは1万円で、もっとも高いKDDI(au)でも1万5000円にとどまる。なお、ソフトバンクモバイルとKDDI(au)は、自社で利用できるiPhoneのみ下取りの対象としている。

▼各キャリアのiPhone下取り価格

機種名/容量
ソフトバンク
KDDI(au)
NTTドコモ
iPhone 4S(16GB)
1万円 1万5000円 6000円
iPhone 4S(32GB)
1万2000円 1万7000円 8000円
iPhone 4S(64GB)
1万4000円 1万9000円 1万円
iPhone 5(16GB)
2万1000円 2万4000円 1万6000円
iPhone 5(32GB)
2万3000円 2万6000円 1万8000円
iPhone 5(64GB)
2万5000円 2万8000円 2万円

 キャリアの下取りは、金額のメリットが少ないだけではない。中古ショップの買い取りの場合、買い取りが成立すればその場で現金が手に入る。だが、キャリアの下取りは、いずれも現金による支払いではないのを覚えておきたい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら