最後に、米インテルとフェイスブックが共同で開発を進めている、未来の「すごいデータセンター」を紹介しよう。

 インテルは2013年1月に次世代ラックの開発でフェイスブックと提携した。インテルが目指す未来のラックについて、同社データセンター事業開発部シニア・スペシャリストの田口栄治氏は次のように説明する。「プロセッサやメモリー、ストレージなどが、『サーバー』という枠組みから分離され、ラックの中で自由に組み合わせられる『ディスアグリゲーテッドラック』が実現する」。

 ディスアグリゲーテッドラックは、「垂直統合機」や「CiB(クラスター・イン・ザ・ボックス)」などと呼ばれている、ラック単位でサーバーやストレージ、ネットワーク機器を統合したハードウエアの発展形である(図1)。

図1●インテルとフェイスブックが目指す次世代ラックの姿
インテルとフェイスブックは2013年1月に、ラック内のサーバーを光回線によって接続する「シリコンフォトニクス・ラック」の開発で合意した。将来的には、これまでと全く異なる姿のコンピュータを目指す計画だ
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のCiBでは、ラック内はイーサネットや、ポート単価が高い光回線の「InfiniBand」などで接続している。しかしインテルとフェイスブックは2014~15年をメドに、現在よりも安価な光回線でラック内を接続した「シリコンフォトニクス・ラック」を実現する計画だ。

 「シリコンフォトニクス」とは、光通信の機能を半導体(シリコン)チップに内蔵することだ。現在はインテルや米IBMなどが開発を進めている。

 これまでサーバーで光通信を利用するためには、高価な専用光コネクターなどを追加する必要があった。ところがシリコンフォトニクスによって、光通信の機能が半導体に内蔵されると、従来よりも低コストで光通信を利用できるようになる。シリコンフォトニクス・ラックでは、通信速度は100Gビット/秒以上に高速化する。現在のCiBのラック内通信速度は10ギガビット/秒程度なので、速度は10倍に向上する。

 シリコンフォトニクス・ラックをさらに発展させたのが、ディスアグリゲーテッドラックだ。これまでは、サーバーの内と外の通信速度には差があったため、プロセッサやメモリーは同一サーバー内に搭載していた。しかし、ラック内通信が光化され、サーバー間の通信がサーバー内並みに高速化、低遅延化すれば、もはやプロセッサやメモリーを、サーバーの中に閉じ込めておく必要がなくなる。これが、ディスアグリゲート(分離)である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら