小売店舗がAmazon.comの手法を参考に、急速にデジタル化している。RetailNextというベンチャー企業は、店舗に設置されている監視カメラの映像を解析し、顧客の線動を把握し、売上向上のためのソリューションを提供している。

監視カメラを顧客動向解析に利用

 RetailNextはSan Jose (カリフォルニア州) に拠点を置く企業で、店舗内に設置されている監視カメラで顧客の動きをモニターし、販売促進のソリューションを提供する。

 上の写真がその様子で、監視カメラで顧客の動きを追尾する。写真左手が入口で、顧客の出入りをカウントする。入店した顧客については、店内での動きを追尾し、どの棚で立ち止まったかなどを記録する。顧客の特定商品への関心の度合いを把握できる。線動を重ね合わせるとヒートマップとなり、顧客全体の流れを把握できる。これを元に、プロモーション結果を検証し、ショーケースのレイアウトを最適化することができる。RetailNextで計測した顧客数を、売り上げデータと統合すると、入店した顧客のうち、何人が買い物をしたのか、コンバージョン率を計測できる。

 人事システムと連動すると、店舗内の込み具合とスタッフの配置人数を解析し、人員の最適化を行う。オンライン・ショッピング・サイトは、アナリティックス・ツールを利用して、訪問者数、ページ閲覧回数、購買者数などの基礎情報を収集しているが、RetailNextはリアル店舗向けに、監視カメラの画像を解析して、これらの情報を収集する。RetailNextは、大手衣料品店であるAmerican Apparelなどで利用されている。

 RetailNextの特徴は、既設の監視カメラを利用することで、機器の設置が不要な点にある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら