ラピロ(RAPIRO)はかわいくて、組み立てやすい、低価格なロボットキットです。全身に12個のサーボモーター(12関節)があり、それを制御する基板が付属しています。

 ラピロは2足歩行したり、手で道具を持ったりできます(写真1)。従来、安くても15万円以上が相場だったプラスチック外装のロボットキットを3万円台という低価格で実現。両目は、RGB値で制御できるフルカラーLEDで光ります。

図1●Raspberry Piロボット「ラピロ(RAPIRO)」
[画像のクリックで拡大表示]

 ラピロの名前の由来は、RAspberry PI RObot(RAPIRO)。その名の通り、今話題のRaspberry Pi(約35ドル)を頭部に組み込めるよう設計しました。Raspberry Piのカメラモジュール(約25ドル)もおでこに取り付けられる設計になっています(写真2)。

図2●オデコの裏側にカメラを組み込める
[画像のクリックで拡大表示]

 ラピロは、インターネットで一般から支援金を募るクラウドファンディングを2013年6月にスタートし、2日足らずで目標の約300万円(2万ポンド)を突破しました。229ポンドで年末の発売時に1台を受け取れるといった内容で、最終的には7万5099ポンドと4倍近い支援を得ました。8月21日には、日本のクラウドファンディングサービス「Makuake」での支援も開始し、3万8000円でラピロを予約できます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら