Samsungは、2013年9月4日、スマートウォッチ「Galaxy Gear」を発表し、この模様はYouTubeでライブ放送された。アメリカでは主要メディアがGalaxy Gearを未来のガジェットとして報道し話題を呼んだ。その一方で、多くのニュース・サイトは、Galaxy Gearはスマートウォッチとは呼べないなど、厳しい評価を下した。Appleを筆頭に、GoogleやMicrosoftがスマートウォッチを開発しているといわれ、市場は急速にウェアラブルに向っている。

出典: Samsung Electronics

スマートウォッチはスマホと連携して動作

 Galaxy Gear (上の写真) は腕時計型のプロセッサーで、Galaxy Note 3やGalaxy Note 10.1と連動して稼働する構成になっている。Galaxy Gearはディスプレイにタッチして操作し、ホームスクリーンを中心に左右と上下に移動 (下の写真) して機能を選択する。ホーム・スクリーンには時刻とアイコンが表示される。左右に移動すると、住所録、通話記録、アプリ、通知、S Voice、設定画面となる。上下に移動すると、カメラ撮影、電話発信画面となる。

出典: Samsung Electronics

 Galaxy Gearは、電話、SMS、メール、アラートの着信をNotifications画面に表示し、Smart Relay機能で、これらメッセージをGalaxyデバイスに表示する。Galaxy Gearはハンズフリー・コール機能があり、手首を耳のところにもっていき通話する。マイク二台とスピーカーはリストバンドの留め金に実装されている。S Voiceは音声でコマンドを入力する機能で、メール作成やSMS送信を音声で行うことができる。Siriのように、明日の天気について、音声で尋ねることができる。Galaxy Gearにはリストバンド外側にカメラが搭載されており、写真やビデオ撮影を行える。Memographerがその機能で、ホーム画面を下方向にスワイプし、画面にタッチしてシャッターを切る。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら