GaiaXソーシャルメディア ラボの佐々木です。

 8月末にFacebookが発表したプロモーションガイドラインの改訂により、企業の運営するFacebookページは、アプリを使わずにタイムライン上で懸賞やコンテストキャンペーンを開催できるようになりました。

 懸賞キャンペーン実施へのハードルが大幅に下がった今回のルール変更。これまでと同じく、弊社のFantsticsといった外部アプリを利用したキャンペーン開催も認められたままです。

■タイムライン・アプリのメリット・デメリットをまとめてみた。

 そこで今回の記事では、これら2つの開催方法のメリット・デメリットを、費用・効果、安全性といった様々な観点から比較してみました。今後キャンペーンを検討される際に参考にしていただけると幸いです。

(※今回の記事は、海外のコンテストアプリ会社であるAntavoAllFacebookに寄稿した記事を基に、ラボ向けに編集しました。)

 ■目次

  1. 改訂されたプロモーションガイドラインのおさらい
  2. 徹底比較!タイムラインorアプリ?


1.改訂されたプロモーションガイドラインのおさらい

 比較に進む前に、今回のルール変更について現時点でわかっていることを簡単にまとめました。(※参照記事:Facebook Promotion Guideline



ユーザーのキャンペーン参加資格として認められているアクション
 
  • ユーザーからのページへの投稿
  • ページ投稿に対するいいね!・コメント
  • ユーザーからのページへのメッセージ
参加資格として認められていないアクション
 
  • ページへのいいね!
  • ユーザーの個人用タイムラインへの投稿
  • その他ユーザーの個人用タイムラインの投稿に対するアクション
  • (個人用タイムライン上のコンテンツのシェア、など)

 また、いいね!がコンテストの投票機能として使えるようになっています。(次回の記事ではこれらに加え、できること・できないこと・注意点を詳細にご紹介します)

(※開催の条件などの詳細は、利用規約E. プロモーションもご参照ください)

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら