カットオーバーを開発チームのゴールと捉えていると、稼働後は場当たり的な保守になりがちで、やがて変化に追従できなくなる。カットオーバーを通過点と捉え、改善を繰り返してシステムを育てる「 カイゼン型開発」に変えていこう。

目次

出典:日経SYSTEMS 2012年4月
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。