テレビの未来が大きく変わろうとしている。Googleは、2013年7月24日、記者会見でChromecastを発表した。Chromecastとは、Google TVをスティック状に実装したもので、テレビ端子に差し込むだけで、スマート・テレビとして機能する。手軽に使えるだけでなく、ここにはGoogleが描く、次世代テレビの姿が隠されている。

[画像のクリックで拡大表示]

スマートフォンやタブレットの出力をテレビに

 Chromecastは、Google Playで35ドルで販売されており、早速購入し、使い始めた。ChromecastはUSBメモリ・スティックを一回り大きくした形状で、インターフェイスはHDMIである。上の写真はChromecastをテレビのHDMI端子に差し込んで使用している様子である。Chromecastへの電力は、USB端子から供給する。Chromecastを使うと、スマートフォンやタブレットで、アプリの出力をテレビにすることができる。YouTube、Netflix、Google Play Movies & TVアプリを起動して、テレビでビデオや映画を見ることができる。Chromecastを使う際に、スマートフォンやタブレットに、Chromecastアプリをインストールして初期設定を行う。アプリを起動すると、Chromecastデバイスを認識し、WiFiなどの設定を行うだけですぐに使える。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら