今アメリカで最も元気なアクセラレータの1社が500 Startupsである。アクセラレータとは、ベンチャー・キャピタルの一形態であるが、投資するだけでなく、指導や教育を通じ、若い企業を短期間で加速度的に育てる機関。これまでに500 Startupsから育った企業にはTwilioがある。Twilioはクラウド・コミュニケーション技術を開発しており、1億ドル超の投資を受け、IPOが近いと噂されている。

 500 Startupsの参加企業は、アクセラレータ・プログラムの最後に開発した製品をベンチャー・キャピタルの前でアピールする。このイベントはDemo Dayと呼ばれ、投資を受ける場となるだけでなく、全米にデビューする登竜門となっている。

Demo Day参加28社のうち15社が米国外から

 今期のDemo Dayは、2013年7月24日、Microsoftのシリコンバレー・キャンパス (最後の写真) で行われ、六期生28社が、アクセラレータ・プログラムで開発した自慢の製品を、ステージ上でアピールした。

 参加28社のうち15社がアメリカ以外からの参加で、今期は、国際化が一気に進んだ。アメリカ企業がマイノリティとなり、新興国の頭脳がシリコンバレーに集結した形となった。

 ステージ上で500 Startups創設者のDave McClureが、軽妙なタッチで進行役を務め、起業家は軽快な音楽とともにステージに登場し、国際色豊かに、製品を紹介した。客席からは、拍手や歓声や黄色い声が飛び交い、会場が一体となって、プログラムが進行した。投資を受けることができるかどうかの重要な局面であるが、技術発表会の深刻な雰囲気とは対局で、お祭り騒ぎでイベントが進んだ。

 上の写真はDemo Day最後のシーンで、参加企業すべてがステージに上がり、無事にデモが終了したことを祝って、客席に手を振っている様子である。この遊び心やノリの良さも、革新的な技術が登場する土壌となっている。各国から優秀な人材が集い、未来を熱く語り、若いエネルギーが爆発したイベントとなった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら