第3回は、前回詳細を説明したkonashiを用いて、JavaScript+konashi.jsで実際にサンプルを動かします。

開発環境と使用する言語

iOS端末の用意

 まず、konashiを制御するためにiOS端末を用意しましょう。konashiが対応しているiOS端末は表1になります。なお、iPadでは互換モードでの動作となります。筆者の実行環境は、iPhone 4S、iOSのバージョンは6.1.3です。

表1●対応するiOS端末一覧
シリーズ名機種対応OS
iPhoneiPhone 4S, iPhone 5iOS6.0以降
iPadiPad mini、iPad(第4世代 / 2012年11月モデル)、iPad(第3世代 / 2012年3月モデル)iOS6.0以降
iPod touchiPod touch(第5世代)iOS6.0以降

konashi.jsのダウンロード
写真4● konashi.js
写真1● konashi.js

 本特集では、JavaScriptによる開発を対象とします。前回解説した通り、JavaScriptでの開発ではユカイ工学が無償で提供する「konashi.js」というアプリを利用します(写真1)。まずは、「konashi.js」をダウンロードしましょう。そして完了したら早速konashi.jsを起動します。

konashi.jsの機能(1) jsdo.it上のコード検索

 konashi.jsは、カヤックが運営するWebコーディング環境を備えたソーシャル・コミュニティ・サービス「jsdo.it」と連携しています。jsdo.it上のコードを検索し、気に入ったユーザーのサンプルをすぐに実行、試すことができます。konashi.js用のコードには「konashi」というタグが付けられているので、まずはkonashiタグで検索し、ユーザーが作っているサンプルを確認しましょう(写真2写真3)。

写真2●jsdo.itコード検索画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●コード実行中の画面
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら