写真1●「konashi」
[画像のクリックで拡大表示]

 第2回は、前回紹介した「konashi」(写真1)について、konashiとは何か、どのような開発思想で生まれたものなのか、どういうアーキテクチャなのかを解説します。

 konashiは、スマホ・タブレット端末を連携端末として想定したフィジカルコンピューティングのためのツールキットです。具体的な解説の前に、まずは紹介動画をごらんください。

 動画に示した通り、「konashi」はスマホ・タブレットの入出力を無線で拡張可能な、いわゆる「マイコンボード」です。オープンソースとして提供されているJavaScript、Objective-C言語のライブラリによってプログラミングすることで「konashi」を制御することができます。

konashiにはどのような機能があるのか?

 konashiが備える機能の一覧を表1に示します。konashiは、デジタルI/Oを8ポート、アナログI/Oを3ポート備えており、外部機器との通信機能としてUART、I2C通信用のポートを各1ポート備えています。また、デジタルI/Oが出力モードの際はPWMモード(パルス幅変調信号モード)を利用することもできます。特殊な機能としては、konashiとスマホ・タブレット間の受信信号強度(RSSI)を計測する機能が備わっています。

表1●konashiが備える機能の一覧
機 能搭載数備 考
デジタルI/O (PIO)8port
アナログI/O (AIO)3portリファレンス電圧(1.30V)
UART通信1port2400bps、9600bpsをサポート
I2C通信1portデジタルI/Oと兼用
PWM出力8portデジタルI/Oと兼用
RSSI計測機能- 

 それでは、具体的にこれらの機能でどのようなスマホ・タブレット端末と連携するガジェットがつくれるのか、例とともに解説します。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら