では、XPからWindows 7へ移行するときの注意点(落とし穴)を見ていこう。まずは、「ネットワークにつながらない/遅い」だ。

 これは、XPで使っていたファイル共有サーバーやNASに、移行後アクセスしようとしてもアクセスができない、できてもデータ転送速度がXPのときより格段に遅いといったトラブルである。アクセスできない場合によくある原因が、「LanManager(ランマネージャー)認証のレベルが異なる」ことだ(図1)。XPとWindows 7以降で初期設定が変更された結果起こる。

図1●LanManager認証のレベルが異なる
ファイル共有サーバーにアクセスできないときは、認証設定を確認しよう。認証方法が同じでも、レベル設定が異なるだけでアクセスできない。
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsではファイル共有サーバーなどのリソースにアクセスする際、LanManager認証という認証方式を利用している。この認証方式の設定がアクセス元とアクセス先で異なっていると、アクセスができなくなる。Windows 7とXPでこの初期設定が異なる結果として、XPで使っていたファイル共有サーバーなどにWindows 7からアクセスできないトラブルが起こる。

 Windows 7のLanManager認証の初期設定は、「NTLM v2」になっている。一方、XPは「NTLM v1」である。XPからの利用を前提で構築したファイル共有サーバーでは「NTLM v1」になっていることが多い。本来であれば、サーバー側の設定を変更すべきだが、一部のNASなどはこの設定を変更できない。そういった場合は、図1の下で示した手順で設定を変更する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら