ものづくりを志向するハードウエアベンチャーが話題だ。安価な3Dプリンターや3Dプリント出力サービスの登場がその背景の一つとして注目を集めている。

 だが、3Dプリンター関連と並び、ハードウエアベンチャーを支える忘れてはならない存在が、マイコンボードやフィジカルコンピューティングキットといった電子回路だ。フィジカルコンピューティングとは、簡単に言えばコンピュータの入出力を外部に拡張してコンピュータの可能性をさらに広げること。スマートフォンと連携するハードウエアもこうしたキットを利用して試作・自作できる時代になっている。

 米国発の“メイカーズムーブメント”だが、元々“ものづくり大国”の日本にはこうしたムーブメントはなじみやすく、ものづくり指向のベンチャーが集うカンファレンスも国内で続々と開催されている。おしゃべりな人を黙らせる装置「SpeechJammer」の共同開発者である公立はこだて未来大学 システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科の塚田浩二准教授は、そうした場に出展しているメーカーは大きく4つに分類できるという。(1)電子工作系の趣味人が作っているメーカー、(2)いわゆる企業展示に当たる“本物”のメーカー、(3)クラフト系、(4)そしてそれ以外(例えばライフハック系)だ。

 この中で主に(1)および(2)は直接マイコンボードやフィジカルコンピューティングキットと関係するが、(3)や(4)から出たアイデアをうまくコンピュータと結び付けて具現化するといった役割もこうしたボード類が担う。ハードウエアのエンジニアだけでなく、プログラマーやデザイナー、プランナーなど多様な人を結びつけてアイデアを具現化するために、これらが使われるのだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら