米マイクロソフトは、Windows向け偽アンチウイルス「Winwebsec」の新バージョン「System Doctor 2014」について、ブログで注意を促した。

System Doctor 2014のユーザーインタフェース

 しばらくのあいだ、Winwebsecは複数のアクティブなバージョンが同時期に存在することはなかった。また、何度も名前を変えては登場しているが、ユーザーインタフェースと行動は変わらなかった。しかしSystem Doctor 2014はこの通例を破り、前回バージョン「System Care Antivirus」が最もアクティブかつ普及しているWinwebsecとして残っているにもかかわらず登場した。さらに、ターゲットのマシンにSystem Care Antivirusがインストールされているか確認して、もし見つかれば停止しようとする。

System Care Antivirusのユーザーインタフェース

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら