今回は「ダメなリーディング」をしてしまったため、お客様とのやり取りがスムーズにいかなかった例を紹介します。

 メール応対に日々悩まれている人は、どのような文章を書いたらよいかについて、いつも心を砕いていることが多いものです。それでも実際には、お客様に不満足感を抱かせてしまうことがあります。その理由は、リーディングポイントのズレによるところが多いようです。

 第2回の最後で「(メールを)読めない人は書けない」ことをお伝えしました。「読めない」のは実力がないからではなく、読み方を間違えているか、知らないだけです。

 忙しい業務のなかで、いかに早く返信するかにばかり重きが置かれがちですが、この連載のテーマであるお客様の心に届き、心をつかむことができるメールを書くにはまず、「お客様が何をどのように伝えているのか」を的確につかむことが重要になります。

 では早速、今回のカスタマーメールを紹介していきましょう。

【お客様からの1通目】

はじめまして。私は40才代になって小麦アレルギーになりました。そのせいで、商品の成分表示をよく見るようになったのですが、御社の【商品名】は「麦芽エキス」と書かれていて、これが大麦なのか小麦なのか悩んでしまいました。

サイトを見るとマークでアレルゲンを表示しているので分かりやすくて助かります。これをパッケージ裏にも付けたらいかがでしょうか?

私は大人なので、その場は買わないなど、それほど困りませんが、アレルギーのお子さんをお持ちの主婦の方などは、判断がしやすくなると思います。ご検討をお願い致します。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら