作業の中には様々な危険が潜んでいる。しかし作業者の危険に対する感受性が鈍く、危険に気付かないまま作業をして事故・障害を招くことが往々にしてある。どうすれば危険性を察知できるようになるのか。感受性を磨くトレーニング手法として「KYT基礎4R法」を紹介する。


 今回は「KYT基礎4R法」を紹介する。「KYT」とは「K=危険、Y=予知、T=トレーニング」の略。危険を危険と感じる感受性は、1回の研修や実技体験だけではなかなか向上させることはできない。そこで、現場の状況を見てどんな危険が潜んでいるかを考える「トレーニング」が必要になる。こうした訓練を重ねることで、危険に対する感受性が鋭くなり、ヒューマンエラー防止につながっていく。

 KYT基礎4R法は、チームで職場や作業に潜む危険を発見・把握・解決していく手法で、繰り返し訓練することで次のような効果が得られる。

 (1)話し合い、考え合うことで気付きが生まれ、「感受性」が鋭くなる。(2)限られた時間内で話し合うことで、「集中力」を高められる。(3)対策を話し合うことで、「問題解決能力」が向上する。(4)話し合い、考え合うことで「ヤル気」を高められる。(5)明るく生き生きとした職場風土が作れる。

トレーニングは4ラウンドで構成

 KYT基礎4R法は、四つのラウンドで構成されていることから4Rと名付けられている。この手法では、作業の一場面が絵になった1枚のイラストシートを使用する(図1)。4~6人程度のメンバーで実施し、具体的なラウンドは次のように進める。

図1●KYT基礎4R法で使用するイラストシートの例(メール作成)
[画像のクリックで拡大表示]

(1)第1ラウンド:現状把握

 イラストシートの状況と手順の中に潜む危険を発見し、危険要因とその要因が引き起こす現象を想定して出し合い、共有する。

(2)第2ラウンド:本質追究

 発見した危険のうち、特に重要と思われる危険を、全員の合意で一つに絞り込む。これが「危険のポイント」となる。絞り込みは、事故の可能性・頻度(誰でもエラーを起こしやすいかどうか)や、事故が起こったときの結果の重要性といった観点で行う。

(3)第3ラウンド:対策樹立

 絞り込んだ「危険のポイント」を解決するにはどうしたらよいかを考え、具体的な対策案を出し合う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら