3Dプリンターを最大限に活用しているのは米Fordである。Fordは、Dearborn (ミシガン州) に拠点を置き、アメリカ第二位の自動車メーカであり、早くから工業用の3Dプリンターを利用している。

工業用3Dプリンターから汎用プリンターへ

 Fordは早くから工業用3Dプリンターを導入し、製品開発を行ってきた。Fordによると、Transit Van (大型のワンボックスカー) に搭載するEcoBoostというエンジンの開発では、主要部品のプロトタイプを3Dプリンターで製造した。オイル・フィルター・アダプターやエキゾースト・マニホールドなどのプロトタイプが3Dプリンターで製造された。これはラピッド・プロトタイピングという開発手法で、使用された3Dプリンター技術はStereolithography (レーザーを液体ポリマーに照射し断面形成)、Laser Sintering (微細粉末をレーザーで焼結)、3D Sand Casting (砂型での鋳造) などである。

 Fordは工業用3Dプリンターに加え、最近では、MakerBotなど普及型のDプリンターを導入し、研究開発を進めている。その中心が、Ford Silicon Valley Lab (シリコンバレー研究所)である。この研究所はPalo Alto (カリフォルニア州) に位置し、企業や大学などと提携し、研究開発を推進している。研究テーマはUser ExperienceとBig Data。User Experienceでは、Androidから自動車のデータにアクセスするためのプラットフォームを公開している。

 更に、User Experienceの一環として、ゲージ (ダッシュボードの計器類) のユーザ・インターフェイスの研究を、Ford開発部門と共同で行っている。研究所で開発したプロトタイプのデータ・ファイルを開発部門に送信し、3Dプリンターで出力し、製品評価を行っている。研究対象はシフト・ノブ、ゲージ、ディスプレイ・モジュールなどで、ラピッド・プロトタイピングの手法で開発を加速させている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら