San Mateo (カリフォルニア州) で開催されたMaker Faireでは、3Dプリンター機器に加え、3Dプリント・クラウドが出展されていた。3Dプリント・クラウドとは、3Dオブジェクトの印刷サービスで、利用者はパソコンやスマートフォンから、3Dプリンターを使うことができる。

専用Webサイトで3Dモデルをデザイン「Shapeways」

 ShapewaysはNew Yorkに拠点を置くベンチャー企業で、3Dプリント・サービスを提供している。Shapewaysは、2007年に、オランダのRoyal Philips Electronicsからスピンアウトして誕生した。Shapewaysのブースには、「Made in the Future」 (未来製) というタグラインが掲示され、プリントされた商品が展示されていた(上の写真)。

 Shapewaysの利用法は簡単で、利用者が専用Webサイトで3Dモデルをデザインし、そのファイルをクラウドにアップロードする。Shapewaysは、アップロードされたファイルを、3Dプリンターで印刷し、完成品を利用者に郵送する。また、専門家がデザインした作品を購買することもできる。

 Shapewaysのブースでは、猫のフィギュア、メッシュの花瓶、サメが口を開けた小物入れなど、装飾品を中心に展示されていた。ブース側面には、これをガラス窓に見立てて、スタイリッシュなシェイドが展示されていた。これらの商品は、プロのデザイナーが制作したものだけでなく、一般消費者がデザインしたものも含まれる。Shapewaysのクラウドを利用すれば、個人が家庭で3Dプリンターを購買しなくても、3次元オブジェクトの製作を楽しむことができる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら