Maker Faireが、San Francisco空港そばの、San Mateo Event Centerで開催された。Maker Faireとは、芸術、工芸、エンジニアリング、科学技術を中心とする展示会で、会場にはハッカーやマニアが制作したユニークな作品が数多く展示されていた。今年のハイライトは3Dプリンターで、会場内に3Dプリンティング・パビリオンが設けられ、3Dプリンター機器、3Dプリント・サービス、3Dプリンティング研究が紹介された。

 上の写真は会場内で3Dプリンターのデモを行っている様子。これらプリンターはPP3DP社製で、同社はこれら製品でマイクロ・ファクトリーを提供するとしている。ビジネスとは別に、3Dプリンターは子供たちに大人気であった。

伸び縮みするブレスレットを印刷

 MakerBotは、Brooklyn (ニューヨーク州) に拠点を置く企業で、3Dプリンターを製造販売している。MakerBotは2009年に、Bre Pettisらにより創業され、家庭向けの普及型3Dプリンターの製造販売をいち早く開始した。MakerBot最新モデルはReplicator 2で、デスクトップ形状の3Dプリンターである。これは第四世代の製品で、価格は2199ドル。MakerBotオンライン・ストアーやAmazon.comで販売され、消費者向けプリンターのハイエンド機という位置づけである。

 会場ではMakerBotのブースに設置されたReplicator 2で3Dプリントのデモを行っていた。水色のテーブルの上でアクセサリーが印刷され、いまちょうど、ブレスレットのプリントが終了したところである (上の写真)。

 上の写真右側がプリントされたブレスレットで、手に持つと、伸び縮みする。鎖 (同左側) をプリントするデモも行われていた。

 展示会の直後、MakerBotはStratasysに4億300万ドルで買収された。Stratasysは、Edina (ミネソタ州) に拠点を置く企業で、工業用の3Dプリンターの製造販売を行っている。3Dプリンター市場では、早くも、ベンチャー企業の買収が始まっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら