前回はFacebookのアカウントを乗っ取る攻撃の実態と、アカウントを乗っ取られた際の被害を解説しました。Facebookのユーザーにはその恐ろしさを理解していただけたと思います。

 アカウントを乗っ取られないようにするためには、まず不審な友達申請を安易に承認しないことが挙げられます。見ず知らずの人からの友達申請に対しては、できる限り早く申請を削除しましょう。

不正なアカウントは簡単に報告できる

 Facebookでは、スパムアカウントや架空アカウントなど、規約に違反する不正なアカウントを報告するための仕組みが用意されています(図1)。

図1●スパムアカウントへの対応

 報告の手順は、以下の通りです。

1)スパムアカウントのタイムラインに移動する
2)右上にある歯車のアイコンをクリックして「報告またはブロック」を選択する
3)「報告を送信」にチェックを入れ、「○○(スパムアカウント名)さんのアカウントを報告」を選択する
4)「対応策」から「ブロック」を選択し、「報告を送信」にチェックを入れ、「続行」をクリックする

 この仕組みを使って、自分のなりすましアカウントなどを報告することもできます。Facebookアカウントを所有していない人でも、自分のなりすましが発生していた場合に、ヘルプセンターから報告・申請ができます。

アカウントにかかわる設定を適切に

 次に、大事なのはアカウントに関するセキュリティ設定を適切にすることです。まずはログインに使用しているパスワードが推測しにくいものにしておきましょう。また、他のサービスのログイン情報と同じパスワードの使用、いわゆる「使い回し」はできる限り避けましょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら