最近、ソーシャルメディア(SNS)の「なりすまし」にかかわる話題を、多くのところで見かけるようになった。これは日本国内に限った話ではない。約1カ月前にはFacebookが、企業やブランドの公式Facebookページに対して、それが「本当の公式ページ」であることを保証するマークの表示を始めた。この仕組みは、Twitterが以前から導入していたのと同様のものだ。

 FacebookやTwitterに限らず、大なり小なりどのSNSも、「なりすまし」にはきちんと対策をとっている。この問題は以前から少なからず発生しており、なりすまされることで何らかの「ネガティブなインパクト」を受けた企業が決して少なくないからだ。

 FacebookやTwitterをはじめとするSNSを企業が活用することが珍しかったころは、特に「なりすまし」の事象が非常に多かったように思える。その企業のFacebookページやTwitterアカウントが開設するよりも前に、「なりすまし」アカウントから虚偽の発言や暴言などを発信し、その企業の評判を著しく傷付ける行為が、多く発生していたものだ。

 一時期は「なりすまし」によって自分たちの評判を落とさないように、企業は一刻も早くFacebookページやTwitterアカウントなど、ソーシャルメディアの窓口を開き、公式に発信活動を始めるべきといわれていた。それが有効な策であるかといえば、若干疑わしいところもあったが、企業によっては自社のウェブサイトで「公式の」FacebookページやTwitterアカウントのリストを公開するといった対策をとっていた。

 冒頭で「なりすまし」が、最近再び多く語られるようになってきたと述べたが、ここには「ネット選挙の解禁」が大きく関与している。7月に予定されている参議院議員選挙から選挙期間中もインターネットでの選挙運動が可能になるのを受け、すでに与党も野党もネット上でも、事実上の選挙戦に入ったといわれている。

 その際に利用できるのはWebサイトのほか、FacebookやTwitter、Lineといったソーシャルメディア、一部制限が設けられているものの電子メール、さらにネット広告となっている。特にWebサイトやソーシャルメディア部分で、「なりすまし」に対する懸念が非常に高まっている。「ネット選挙」解禁に向けて一部の事業者が、対策となるソリューションや「リスニング」といった監視サービスなどを提供し始めている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら